コラム-41 動画制作を始めるなら2017年!~今から始めるならどんな準備をすべき?~

タイトルで煽ってしまいましたが
実際に「今が始め時」と言えることは確かです。

このサイトでは、何度も述べているとおり
「趣味」として、たとえ「仕事」としてだとしても
動画制作を始めるためのハードルは、下がり続けています。

しかしながら「安く始めることができる」ものではなく
どこか、本格的に始めることを躊躇してしまう方も多いと思います。

その理由として

  • 「まずは」どうやって始めればいいか分からない
  • 覚えること・用語が多すぎて、何が何だか分からない

ということが多く「やっぱり今はいいや」となってしまうのかな?と思います。

しかし、それすらも簡単・単純になってきており
その理由として、ここ数年のちょっとした流れが「落ち着き始めた」と言えます。

スポンサーリンク

「選択肢」が少なくなった

動画制作は「カメラ」と「パソコン」と「編集ソフト」があれば誰でもできます。

しかしながら、それぞれに種類があり
結局は「選ぶ」必要がありました。

好きなメーカー、といったことで選べるのであれば
それほど悩むこともないのですが
「スペック」といったものや、ハンディカム・パソコン・編集ソフトの相性
いわゆる「互換性」と呼ばれるものが確かなものなのかに関しても
知識がない場合には、なかなか判断が難しいものです。

しかしながら、そういった「悩む要素」が少なくなっています。

ひととおり落ち着いた

近年、パソコンのOSや「4k」といった動画規格など
様々な要素に、ちょっとした変化がありました。

例)Windowsの7から10への移行等

また、パソコンのハードの変化として
HDDから、SDDへの移行がありましたが
とりあえず「SSD」の価格が落ち着いたことも挙げられます。

また、まだまだHDDでも大丈夫です。

結局は、「これ以上の進化はいらないのでは?」という意見も多く
これから数年は、特に大きな変化がなさそうです。

そのため、各機材のスペックがある程度均一化しています。

  • ハンディカムであれば「4kは必要ない」
  • パソコンは「Windows10」
  • Macであれば何でもよい(i Movieは自動でアップグレードします)
  • 編集ソフトも基本的には「デフォルト(パソコンに最初から入っているもの)」でも大丈夫
  • 有料ソフトも「淘汰」され、種類が少なくなっている

後は予算の問題になりますが

これに関しても

  • ハンディカムは(4万円前後<4k機能は必要ない>)
  • ノートパソコンは「8万円以上10万円未満(デスクトップなら更に安いもの)」

これらだけでも、十分「ハイビジョンムービー」を作れるのです。

機材選びの「失敗」が少なくなっている

ある程度価格がするものを購入する際に
不安なこととして「失敗したらどうしよう・・・」という思いがあると思います。

しかしながら、その不安のリスクが少なくなっているのです。

上記の価格帯であれば、
「よっぽど変なメーカーのもの」を買わなければ大丈夫です。

本来であれば、家電量販店に行って
店員さんに相談してからの購入が望ましいですが
ネット通販サイトの「売れ筋」や「ランキング」を見てみて
「使っている人が多い」ものにしてみるのも、おススメの選び方です。

以下のページを参考もしてみてください。

>>おススメ機材ビデオカメラ編

>>おススメ機材編集ソフト編

>>より低価格で始める

またパソコンに関しては「ドスパラ」がおススメです。



「コストパフォーマンス」は、他のメーカーとは比べものになりません。

何より「長持ち」であり、次の流れが来るまでは大丈夫なはずです。

「難しいこと」が簡単にできるようになった

動画に関する進化としては、機材の低価格化だけでなく
以前であれば、「高度な技術」であったものが
一般的な編集ソフト上で、素人でも簡単に
実現することができるようになったことが、大きな変化であると言えます。

ちょっとセンスのある人であれば、すぐに「プロ顔負け」です。

”2017年”

ぜひ、トライしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク