これがないと始まらないのものが、「ビデオカメラ」です。

このページでは、一般的に「ハンディカム」と呼ばれている
比較的入手しやすい、「初心者向け」と思われる機材に関して
コストパフォーマンス、柔軟性にフューチャーして選んでみました。

第一位 SONY HDR-CX535

 

 

ビデオカメラ業界では、やはり圧倒的強いSONY製です。

特徴としては、色味がきれい、かなり引ける(広角)ことです。

オートフォーカスに、やや難がありますが
明るいところの撮影であれば問題ありません。

操作性も高く、アクセサリーも豊富です。

 

第二位 Panasonic HC-V550M

 

 

とてもバランスが良く、操作性が高いです。

「本体」はコストパフォーマンスが高いと言えますが
バッテリー等、アクセサリー類がやや割高な印象を受けます。

 

第三位 JVC GZ-E765-T

 

 

女性に人気のエブリオです。

持ち運び安く、性能、操作性も問題ありません。

軽すぎてバランスがとりずらい印象もあります。

他のメーカーに比べて、アクセサー類にラインナップが
やや手薄な印象もあるため、第三位としています。

 

以上の3種類であれば問題なく使えるはずです。

気になる画質・手振れ補正ですが
各社ともほとんど差がないのが現状です。

 

おススメハンディカム(ハイエンド)>>

 

おススメ編集ソフト(Windows)>>

 

おススメ編集ソフト(Mac)>>

 

スポンサードリンク