コラム-17 カメラの買い替え時はいつなのか

AV機器は、基本的に高価なものであり
購入に関してもきっかけや、思い切りが必要になります。

典型的な買い替えのキッカケとしては

  • 壊れてしまった
  • 古くなった(時代遅れになった)ことに気づいた
  • 子供のお誕生など、環境が変わって気合が入った

以上が挙げられますが、おススメの買い替え時期は
実は「年に2度」あり、春先と晩夏になります。

理由としては、新機種の発表の時期のため

  • 少し古くなったものを安く買うことが出来る
  • 最新のものを、一番新しい(旬な)時期に買うことが出来る

現在の新技術の開発のペースや機能面から考慮すると
前者の「、少し古いものを安く買う」ということをおススメします。

機能的には、ほとんど差が無いものが
「なんとなくサイクルだから」と言う理由で新しいモデルになることは
現代では非常によくあることです。

買い替えはこちらを参考に⇒ハンディカム比較・レビューサイト

スポンサーリンク

タイミングをしっかり探る

しかし、ビデオカメラとは少し事情が変わり
テレビに関しては2015年現在、買い替えのタイミングではないと思われます。

理由としては、各メーカーが「4k対応」の
テレビを続々と販売し始めていますが

  • 4k放送がまだこれからどうなるか分からないこと
  • 更に安くなる可能性が高いこと

以上が挙げられます。

3Dテレビの二の舞になることはなさそうですが
実際に放送しているメディアが無いため
現状はオーバースペックであり、活かすことが全くできないため
本格的に新しくて優れているものが発売された場合
とてもがっかりする可能性があります、、、

どうしてもすぐに買い換える必要がある場合は
安くなっている「普通のハイビジョンテレビ」をおススメします。

とにもかくにも、昔に比べてAV機器は圧倒的に安くなっており
それだけに無駄使いしやすい環境にもなっているため、慎重に検討しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク