写真にしても、動画にしても、「機材」というのは決して安いものではなく
趣味として始めることの、最も大きなハードルはやはり「お金」です。

といっても、プロとして・仕事として取り組んでいる人にとっても
機材というのは、なんとも悩ましいものになります。

もちろん、お金に関してです・・・

「おっ、いいな!」と思うものがあっても、「買えないなー」ということは
しょっちゅうあることであり、そういった際に改め調べることが

  • 中古はあるかな?
  • レンタルしてとりあえず試してみようなか?

ということになります。

結論から言えば、仕事ではなく趣味だからこそ
「中古」を購入するよりも、ぜひ「レンタル」で利用すべきと言えます。



スポンサーリンク

「レンタル」にすべき理由とは

言うまでもなく、レンタルの最大のメリットというのは
「必要な時だけ」利用することができる、という点に尽きます。

また上で述べた通り、いろいろな機材を試せることというのは
これから本格的に始めてみよう、という方にこそメリットがあります。

中古というのは、一度買ってしまうことによって
「他のものを使わなくなってしまう」という、結果にもつながります。

もちろん、「自分のものになる」というメリットもありますが
所有するのは、いろいろ試してみてからの方が失敗がないものであり
一度いろいろな機材を使ってみてから、使いやすいものを
新品なり、中古なりで、購入すればいいことです。

ある程度の出費になるからこそ、失敗を避けるためにもおススメと言えます。

レンタルはめんどくさい?

レンタルに関して、気が進めない点としては
やはり「借りに行くのがめんどくさい」という事情が多いと思われます。

しかしながら、現在の機材レンタル屋さんというのは
家まで届けてくることも、一般的であり
思っているよりも、はるかにハードルが低いものになっています。

また「使い方」に関しては、説明書ではなく
「ネットに乗せてるよ!」とうことは、新品でも同じ事情です。

せひ、前向きに利用してみてください。

「使用頻度」が増えてきたら

大きな制作会社でも、撮影の度に借りることは珍しくなく
(経費としての「資産」や「撮影費」の兼ね合いからも)
「レンタルだからいいものが作れない」ということではありません。

しかしながら、「いいな」と思う機材があれば
やはり、最終的には「購入」することをおススメします。

なんと言っても「愛着」が沸くことも「所有する」ことのメリットであり
これと決めた機材を使いこむことで、「手に馴染む」ことになります。

それを見つけることこそが、レンタルの醍醐味の1つと言えます。

>>コスパの高いおススメの機材のまとめはこちら