ディスクメディアで楽しむ

データチェックが終了し、「書き出し」が終った後は
多くの方が、DVD(BD)に「焼く」作業をすると思います。

ネット動画で公開したり、タブレット端末で楽しむことも多くなりましたが
「ディスクメディア」は、まだまだ廃れておらず
VHSよりも、更に息の長い活躍をすると考えられます。

そして、このDVDに焼く作業を「オーサリング」と呼びます。

スポンサーリンク

オーサリングの方法

オーサリング作業をする際には

  • 編集ソフト上で焼く(一部のソフト)
  • 編集ソフトでオーサリング用ムービーデータを書き出す

以上の2つのパターンでオーサリングする方法があり

オーサリングに必要なもの

オーサリングに必要なファイルは

  • m2v(エムツーブイ・エムペグツービデオ)・・・画のファイル
  • ac3(エーシースリー)・・・音のファイル

以上の2つになります。

これらのデータを、オーサリングソフトに読み込み
そのまま焼くことが、一般的ですが
編集ソフト上でオーサリングできるソフトや
書き出した1つの動画ファイルを読み込むことで
自動で変換してくれるソフトもあります。

細かい設定等が、分からない場合は
全てソフトの「自動設定」に、任せてしまってもいいと思います。

書き出したデータAVIやMOVなどの画と音の一体型ファイルを
をm2vとac3に変換する場合は「エンコード」の作業が必要になります。

ファイル形式エンコードに関して
もう一度おさらいをしておきましょう。

<<再生メディアの移り変わり

パソコン・デバイスで楽しむ>>

動画の楽しさを共有する>>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする