「まずは、人が作ったものを見る」ということは、
モノづくりに携わる仕事をするうえでは、基礎中の基礎です。

特に「動画」に関して興味みがる・やってみたい・修行中という人
仕事ではなく「趣味」として始める・楽しむんでいる方にとっても
「見て学ぶ」ことは、「映像」の世界では非常に重要なことになります。

そして「楽しむ」ことが同時に「修行」になることも、映像制作のメリットでもあります。

実はメチャクチャお得!

ここでは「有料動画配信サイト」に関して
独断と偏見で、おススメのサイトをランキング化しました。

有料だしな・・・

と思っている方が多いかもしれませんが
この動画配信サイトでの視聴というのは
現実にレンタルショップに行ったり
デッキを買って、録画することに比べ非常に安く済みます。

メチャクチャにお得なのです。

スマホ・タブレットの普及によって
これからは、モノであるDVD・ブルーレイのレンタルよりも
徐々にこちらが主流になってくると考えられます。

またこのランキングは「本当の映像好き」のことを考えて作成しました。

「ただ楽しむ」だけでなく「身に付く」もの
且つ「特にお得なもの」を選んでいます。

ぜひ、一足早くエンジョイしてみてください。

「無料お試し期間」もあるので、いずれにしても非常にお得です。

第1位 「Hulu(フールー)」

 

 

一番の大きな特徴は「海外ドラマ」といった
海外作品が充実していることです。

海外ドラマと言えば「24-TWENTY FOUR-」ですが
それ以外にも、面白い・魅力的な作品はたくさんあります。

海外の作品というのは、映画・ドラマ限らず
邦画のそれとは、異なるものです。

もちろん、文化の違い等もありますが
非常に勉強になることが多く、「持っていなかった感覚」を養うことができます。

日頃、日本のドラマや映画だけしか見ていない、という方は
これを機会に「新たな世界」に飛び込むきっかけになるはずであり
今までになかったものを取り入れることで
映像センスも、一段と成長していくはずです。

何より、ハマります。

月額:933円

「Hulu」のお申込みはこちらから(無料期間付)

第2位 「dTV(ディーティーヴィー)」



最も「一般受け」するラインナップを取り揃えており
いろんなジャンルの作品を見てみたい
また「何となく見るのが好き」という方におすすめのサイトです。

「12万本以上」という、圧倒的なラインナップ数であり
考えようによっては、というよりも一般的に考えて一番お得です。

またストリーミング配信は、公開後にレンタル等よりも
少し遅れて配信されることが、やむおえない特徴ですが
「レンタル機能」によって、その分だけ支払うことで視聴可能になります。

最も「圧倒的にお得」感を感じることができるサービスと思われます。

なんと、ワンコイン!

月額:500円

「dTV」のお申込みはこちらから(無料期間付)

第3位 「amazonプライムビデオ」

 

知らない人・利用したことがない、という人はいないであろう
「amazon(アマゾン)」が提供する動画配信です。

「amazonプライム」という、言葉はアマゾンを使って注文したことがある人は
「お急ぎ便を試してみる」という表示でお馴染みのはずです。

「うざいな・・・」「有料会員の勧誘かよ」と、思ってしまうかもしれませんが
中身を見てみれば、非常にお得な提案でもあるのです。

「amazonプライム」は、本来「注文したものが早く届く」ことや
配送料・時間帯指定が、お得になるものですが
それらに加えて「amzonビデオ」というサービスの
一部が「おまけ」として見られるサービスになります。

一部・おまけといっても、他の動画配信サービスにも
負けないラインナップが取り揃えられています。

また「ショートムービー系」が多いことも特徴です。

何よりリーズナブルです。

「amzonプライム」の年会費は「3,990円」
ということは、月額約325円であり「最安」と言ってもいいくらいです。

大手レンタルビデオ店で月3本以上借りる人であれば、元を取れてしまう計算になります。

amazonを頻繁に利用する方であれば
様々な意味で必須とも言えるサービスになります。

↓↓無料お試し期間からのお申し込みは下記より

 

これからは「研究対象」

繰り返しになりますが、
今までは、単なる「娯楽」として見てきた映像が
仕事・趣味になることで、研究対象になります。

他の人はどんなセンスを持っているのか

どうすれば、自分が思っているような演出になるのか

2時間の映像から得られるものは、たくさんあります。

「レベルアップ」ための時間・お金の投資でもあるのです。

もちろん、本来「ムービー」とは
「何となく見ていて面白ければいい」ものであり
カット割りが・・・とか、ボケあしが・・・とか
余計なことを考えながら見るものではありません。

見て、面白ければ、それでいいものです。

ランキング形式にはしましたが、
あくまで自分的には「やっぱ、フールーかな?」と思っているだけです。

これから検討している方は「自分が見たいものが多そう」

とか

結果的に、自分にとって一番お得となるものを選びましょう。