コラム-44<PR>最新のおススメ動画配信サイト「ビデオマーケット」の評判とポイント

面白い映像が作りたい

もっと動画制作を上達させたい

という気持ちがあるのであれば
最も効果的な、手っ取り早い方法として
「他人が作ったものを参考にする」ということが挙げられます。

非常に重要なことであり、「映画・ドラマの鑑賞」という「娯楽」が
「勉強」になるという、まさにメリットしかない行為になります。

これは初心者だけではなく、自分のスタイルが「凝り固まって」きてしまった
中級者・プロにも言えることであり、新たな発見・刺激を受けるためには
「興味がないジャンル」こそ、見るべきとも言えるのです。

そしてそのための手段として、「定額動画配信サイト」
非常に便利であり、何より「安すぎる!」と言える媒体になります。

当サイトでも、定額動画配信サイトランキングとして
いくつかのサイトを紹介していますが
ここにきて、勢いのあるサイトが「ビデオマーケット」です。

スポンサーリンク

「ビデオマーケット」の特徴とイチオシポイント

「ビデオマーケット」は、基本的には他の配信サイトと同じく

特徴としては

  • なんとなく見たい(ザッピングが好き)
  • いろいろなジャンルを見たい
  • 国内作品が好き

そういった方にぴったりのコンセプトと言えます。

「見たいと思う人が多い作品」が揃っていることが、最大の魅力です。

「あれはないのか、、、」という、ネット動画配信サイトならではの
がっかりリスクを避けることができるはずです。

価格に関しては、

  • 500円
  • 980円

月額で2つのコースが用意されており
「見放題」に含まれる作品数が異なります。

月に1度はレンタルショップに行くなら必ずお得

安い方のコースでも、十分に魅力的な作品が揃っているうえ
何と言っても、「毎月540ポイントが加算」されること
そのポイントを使って、「有料レンタル動画」を見ることができることです。

「毎月1~2本はレンタルショップで借りる」という人であれば
見放題の作品に加えて、自分がチョイスした作品に関しても見ることができるのです。

「16万本」という作品数に関しても、動画配信サイトの中では
トップクラスの品揃えであり、いきなりこの量はかなりすごいです。

また、定期的に追加される新作も十分過ぎると言えます。

「初月無料」といったこと以上に、使い続けるメリットがあります。

1人1サイトの時代がやってくる

「レンタルビデオ店」や「著作権」等の関係で
こういった「ネット配信」というのは、なかなか進まなかった経緯がありますが
昨今一気に「開放」されている傾向があります。

これらからのスタンダードとなることは間違いなく
「一家に1サイト」ではなく、家族1人1人が持つ流れになるはずです。

これは「ツ〇ヤ」のポイントカードを、1枚ずつ持っていることからも
自然なことであり、いつかは持つことが当たり前になります。

「月額500円~」って、信じられないほどお得なことです。

>>その他の定額動画配信サイトのラインナップ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク